[おすすめアプリ]Evernoteへメモや画像を簡単送信するならSpeedyWriteですよ!

スポンサーリンク
ビッグバナー




日記の中からイベントを抜き出して別のノートにまとめておきたくなることはありませんか?

たとえば家族のイベントやおいしいごはん、達成したこと、筋トレの内容。動画の中からハイライトを抜き出すような楽しさがあります。

はたまた本の感想や思いついたアイディアをEvernoteへメモしておきたいときもあります。

そんなときに便利なのがspeedywriteです。

例えばこの記事のトップ画像のように簡単にEvernoteへおいしいものの記録が残せます。

writenoteとの違い

以前紹介したwritenoteと同じ作者さんのアプリです。

[おすすめアプリ]Evernoteで日記を書くならwritenote!!
Evernoteは優れた日記ツールです。 しかしスマホでEvernoteに日記を書こうとする場合、 Evernoteアプリをタ...

writenoteは同じノートへ追記することに優れたアプリです。日記などのノートにどんどん追記していくことができます。

しかし、Evernoteのノートブックをいろいろ分けてつかう。それぞれのノートブックに簡単に新しいノートを追加する。そんなときにはwritenoteよりSpeedyWriteが便利です。

SpeedyWriteならたとえば外食したらその写真は「おいしかったものノートブック」にすぐ入れられます。

アイディアメモを「アイディア専用ノートブック」へ追加したりも可能です。

使い方例

  • 本の感想をEvernoteの読書録へ記録
  • 外食の写真をEvernoteの外食ノートブックへ保存
  • 今日のお気に入りの写真を抜き出してEvernoteへ保存
  • 思いついたアイディアをEvernoteのネタ帳へ保存

など使い方は様々です。

SpeedyWriteの使い方

ダウンロードして、Evernoteと連携させます。

SpeedyWrite – いつでもサッとメモを書いてEvernoteに送れます。
価格: 0円(2017/08/16 20:49)

入力画面はこんな感じです。

一行目がノートタイトルになります。

左上のアイコンで送信したいノートブックを選択。選択しない場合はデフォルトノートブックに追加されます。

デフォルトノートブックはEvernoteで自分で設定できます。

新規に作成したノート、Web クリッパーで新規に作成したクリップ、Evernote に保存したメールなどは、Evernote アカウントのデフォルト(既定)のノートブックに自動的に保存されます(ただし、特定のノートブックを指定した場合を除きます)。 既定のノートブックを変更する方法: Mac 画面上のメニューバ...

左下から順番にアイコンについて説明します。

追記方法、タグの設定

追記する場合に上に追記するか、下に追記するか選べます。タグは無料版では変更できません。

SpeedyWriteは同じノートブックとタイトルにすれば、ノートへの追記に使うことも可能です。

有料版のSpeedyWrite proの場合はここから写真の添付やカメラの起動。位置情報の付与もできます。

履歴をみる

今までにSpeedyWriteを使って送ったノートブックとタイトルが表示されます。同じノートに追記したいときにはこちらからやると便利です。

また同じ形式のタイトル、例えば「2017/8/16 夕ご飯」といったタイトルでノートを作っている場合は、履歴を使えば次の日は日付をすこし変えるだけでいいので楽です。

ノート一覧をみる

Evernoteのノートタイトル一覧がでます。同じノートに追記したい場合はこちらからでも便利です。

アイコン長押しでEvernoteと同期します。

日付、時刻を入力

タイムスタンプを入力します。

チェックボックスを入力

チェックボックスを入力します。

pro版との違い

SpeedyWrite SpeedyWrite pro
同期できるノートブック一覧数

iOS 全て可能

Android 5個まで

全て
同期できるノートタイトル一覧数

iOS 100以上可能

Android 5個まで

iOS 100以上可能

Android 25個まで

タグの設定 SpeedyWrite のみ 自分で設定可能
広告有無 あり
(アドオンで削除可)
なし
画像送信機能 なし あり
位置情報付与機能 なし あり
チェックボックス

Android版は1つ

iOS版は制限なし

制限なし
金額 無料

Android 300円

iOS 600円

Android版はiOSに比べて制限が強めですが、その分安くpro版が買えます。

終わりに

Log is Fun!!
 
 
いつでもサッと書いてメモをEvernoteに送れます。SpeedyWriteならメモを書くタイミングを逃しません。
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




記録の楽しさをシェアしてみませんか?

更新を見逃したくない方はこちらからフォローできます。