[日記のすすめ(仮)]日記で「自分は変われる」という希望と「変わってしまう」という現実に向き合う

スポンサーリンク
ビッグバナー




はじめに

この記事はkindle出版を目指している「日記のすすめ(仮)」の一部です。

日記の効果についての章の一部になります。

日記で自分は変われる、変わると知る

あなたの一年後を想像してみてください。いまのあなたとどれぐらい変わっているでしょうか。

なにか大きなイベント(出産、結婚など)がなければ、なんとなくいまとほとんど変わらないのではないかと考えてしまいます

なにかしら変わるだろうなと予測しつつも、その予測はあまりにもおぼろげすぎて思考に反映されません。

では一年前のあなたと今のあなたは変わっているのでしょうか?

その疑問に答えてくれるのが日記です。

一年前の日記を読むとあなたが変わっているのが分かります。ここから導けるのはたった二つの事実です

  • あなたは変われる
  • あなたは変わってしまう

この二つの当たり前のようでなかなか実感できない事実です。

あなたは変われる

日記を読むとあなたが変わっていることが実感できます。

それは考え方かもしれませんし、習慣や言葉使い。はたまた環境や好きな食べ物、趣味。使っているスマホやアプリかもしれません。

こうした変化はあなたに「わたしは変わる」と実感させてくれます。

わたしはこれだけ変わることができた。ならばわたしはもっと自分の望む方向にも変われるのではないか?

そんな感覚を持つことができます。

その感覚はじぶんの向かいたい方向へ進む手助けをしてくれます

▼関連記事
[日記の効果]日記を書くだけでなりたい自分へ近づける

あなたは変わってしまう

日記を読むとあなたが変わっていることが実感できます。

それは考え方かもしれませんし、習慣や言葉遣い。はたまた環境や好きな食べ物、趣味。使っているスマホやアプリかもしれません。

そうです。こうした変化で「わたしは変われる」と考えました。

しかし見かたを変えればあなたは変わってしまうとも言えるのです

どんなに幸せな時間も、楽しい出来事も、あなたがいまできていることも1年後にはなにかが変わり、なくなっているかもしれません。

そんな予感があなたの中に実感を持って現れます。

そう、人は変化して、生活も変わる。当たり前のようでほとんどの人が分かっていない感覚を日記によって少し持つことができます。

その感覚は次のように訴えます「今を、一日を大切にしよう」。

それは当たり前のようでなかなか真剣に考えられないことです。しかし日記を読めば心から思えるはずです。

おわりに

わたしたちはいやおうなく変わり続けるんですよね。変わらないことのほうが少ないぐらいです(というか変わらないことなんてないですね)。

しかしその事実に気づく機会はなかなかありません。あっという間に時が過ぎていって、いつの間にか一年が終わっています。

でも日記を読み返せば気づくことができます。それは小さいように見えてとても大きなことだと思うのです。

Log is for Happy!!

▼日記のすすめ(仮)まとめページ

日記のすすめ(仮) まとめページ
Kindleにする予定の「日記のすすめ(仮)」のまとめページです。 日記のすすめは「日記をパートナーにして人生を楽しく!」をコンセプトに以...
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




記録の楽しさをシェアしてみませんか?

更新はこちらからフォローできます。