[幸せへのすすめ(仮)]人と話すのが苦手なら小道具を使ってみよう!

スポンサーリンク
ビッグバナー




はじめに

この記事は現在執筆中の「幸せのすすめ(仮題)」の「人とかかわる」の章です。

前回の記事はこちら。

[幸せのすすめ(仮)]人とかかわること。その手始めとしてのあいさつ。
はじめに この記事は現在執筆中の「幸せのすすめ(仮題)」の「人とかかわる」の章です。 前回の記事はこちら。 以下から本文です。 ...

以下から本文です。

小道具を使ってみる

人に関わることが幸せに通じると言われてもなかなか難しいものです。

「あいさつ」の項目でも書きましたが、わたしも人見知りかつ一人の方が結構気が楽な性質なのであまり積極的に人に関わろうとはしていませんでした。

しかし話しかけなければいけないときもあります。そしてなかなかきっかけがつかめないものです。

でも単なる雑談は苦手だけど仕事だったら人と話しやすいことってありませんか?

それは話すきっかけがいくらでもあるからです。

「この前のあの件についてなんですけど」といくらでもきっかけが出てきます。

そして実はこれはプライベートでの雑談でも同じです。関わるきっかけを作ってしまえばいいのです。

仲がいいひとであれば話すきっかけはいくらでもあります。

恋人との間の「ねぇ?」「なに?」「ちょっと話しかけたかっただけ」

みたいな会話は仲が良ければ話すきっかけがいくらでもあるという代表例でしょう。

しかし、あまり相手のことを知らなければきっかけはなかなか見つかりません。

そこで使えるのが「小道具」です。

たとえば職場でかかわりのない人でもお土産を渡せば、簡単な雑談はできます。そんなに旅行ばっかりいかないと思うので、例えばのど飴を準備しておけば話すきっかけになります。

仕事であれば名刺交換をしたときに渡した名刺になにか話すきっかけになるようなものがあればスムーズに雑談に入れるでしょう。

大阪のおばちゃんからもらえるらしい飴ちゃんも話すきっかけとなる小道具です。人から物をもらうことによって親近感もわきます。

またそんな小道具がない場合は「たちつてとなかにはいれ」という雑談ネタの覚え方もあります。

た 食べ物
ち 地理
つ 通勤、通学
て 天気
と 富、景気
な 名前
か 体
に ニュース
は 流行り
い 異性
れ レジャー

この言葉を知っておくだけでも少し気が楽になると思います。

他にも「きどにたてかけし衣食住」などいろいろなバリエーションがあります。

そして小道具や雑談ネタなどを使って話しているうちに共通の話題(出身、趣味etc.)が見つかればより深い雑談ができます。

会話が苦手だったり、人見知りの方はぜひ試してみてください

終わりに

本の方の執筆ばかりで、ブログ専用記事があまり書けていないなぁとすこし焦り気味です。まぁ焦っても仕方ないので少しずつやるのみですね。

それではまた次の記事で。

Log is for Happy!!


Also published on Medium.

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




記録の楽しさをシェアしてみませんか?

更新はこちらからフォローできます。